大分市の水廻りリフォーム住環境技建|新着情報

新着情報

パナソニックセミナーに参加しました

  • パナソニックセミナーに参加しました
  • パナソニックセミナーに参加しました
  • パナソニックセミナーに参加しました
  • パナソニックセミナーに参加しました
  • パナソニックセミナーに参加しました
2017年11月27日
先日パナソニックさん主催のセミナーに参加させていただきました。
今回は、「お風呂アドバイザー」という資格を唯一もっていらっしゃる岡北真理さんの講演でした。
とても興味深いお話を聞くことができました。

最近、湯船に浸かっていますか?
この頃急に寒くなってきたので、我が家もつい先日から湯船に浸かって温まるようになりました。
子供と入りますので、温度は39℃とぬるめです。
私は、もう少し熱いお風呂に入りたいのですが。。。

自分の体温より熱いお湯に浸かるのは、日本人だけなんだそうです。
私が小さい頃、引っ越し先にシャワーがついていないお家が多く、必ず熱めのお湯を湯船にはって、歯を食いしばって熱いのを我慢して浸かっていたなと思います。
上がる前の30秒。数えるのが辛かったことを覚えています。
あの頃は知らず知らずのうち体を温める習慣が身について、風邪を引くなど体調を崩すことがなかったように思います。
そして、現在のようにシャワーだけで済ませるなんてほとんどありませんでした。

皆さんは、何度のお湯に浸かってどれくらいの時間入っていますか?
岡北さんのいう『バスタブ入浴法』では、
●お湯の温度➡40℃(+1℃ または -1℃)
この温度が理想的な温度だそうです。
全身浴なら10分。半身浴なら20分浸かると良いそうです。
40℃±1℃に全身浴で10分間浸かるのは大変で慣れるまで時間がかかりそうですが、お湯の温熱作用で発汗し、基礎代謝アップ→太りにくい体(血流促進)、さらに新陳代謝アップ→疲れにくい体(体温上昇)をはかってくれます。

そして、これから寒い日が続くので、過乾燥に注意をしたほうが良いそうです。
人が入浴した後は、20~30分で入浴前よりも肌が過乾燥してしまうといわれています。
42℃以上の熱湯や、30分以上の入浴は過乾燥を引き起こす原因です。
入浴前と入浴後にコップ一杯の水を飲むと良いそうです。
そして保湿ケアのタイミングは、入浴後10分以内にすると良いそうです。

詳しくは、お風呂情報ホームページ【洗いの殿堂】をご覧ください。
http://www.arainodendo.com/bornclub/author.html

最後に パナソニックの【オイルヴェール酸素美泡湯(さんそびほうゆ)】の紹介です。
これはパナソニックから2016年11月25日に受注開始されたものです。
この酸素美泡湯には、3つの特徴があります。
1、保温効果 ⇒ぬるめの39℃でしっかり温めて、湯上り後も湯冷めしにくい。
2、保湿効果 ⇒モイスチャー効果でしっとりが長続きさらに、高濃度酸素水は保湿成分セラミドの吸収率もアップ。
3、リラックス効果 ⇒たっぷりの酸素とオイルを浴室内に放出。
わずか約18μm(マイクロメートル)の微細な泡の為、お湯がミルクのように白く見えます。
お湯の中に分散したオイルの直径はわずか約10μm(マイクロメートル)で『もや』の大きさとほぼ変わりません。
そして、酸素美泡湯が肌に密着して、角質の老廃物がとれ、古くなった皮脂などを除いてくれるので、加齢臭などの体臭ケアにも良さそうです。
石けんの刺激がつらい、敏感肌や乾燥肌、アトピーの方にもお勧めします。

寒くなってきたこの時期に、皆様も素敵なバスタイムをお過ごしください。

【オイルヴェール酸素美泡湯】について詳しくは、こちらをご覧ください。
https://sumai.panasonic.jp/bathroom/feature/detail.php?id=oilveil
もう少し詳しい内容が知りたい方は、
弊社ホームページに記載の電話番号およびメールフォームにて連絡ください。

業績好調につき、スタッフ募集しております。
未経験、異業種からの転職大歓迎です。
引き続きよろしくお願いします。

« 戻る

infomation

(株)住環境技建
〒870-1123
大分県大分市寒田1262-1

住宅リフォーム、水廻りリフォームを大分市でお考えならお気軽にご相談ください。

  • 097-578-7790
  • メールフォームはこちら
  • アフターメンテナンス24時間電話対応

ページの先頭へ